2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
HOME ブログ 「台風5号」が史上3位の長寿台風となりました。

「台風5号」が史上3位の長寿台風となりました。

投稿日:2017年8月10日
カテゴリー: その他の話題

 南鳥島近海で7月21日発生した台風5号は、8月9日までの18日と18時間を生き延び、気象庁が台風の統計をとりはじめた昭和26年(1951年)以降、史上3位の長寿台風となりました。

1705-00

 あと1日以上生き残れば長寿ランキングトップに躍り出られたそうですが、台風の長寿は受け入れ難く、できる限り短命であってほしいものです。また、この長寿命の間8月2日発生の台風11号まで、6個の台風の消滅を見届けていますので、こちらの台風番号差記録は歴代トップとなっているそうです。

 強い勢力を保ち続けた台風5号は、全国各地の広い範囲に大雨や強風をもたらし、大きな爪あとを残しました。本県では、郡内地域に豪雨被害が集中し、特に大月市では1時間当たりの雨量が99ミリ、3時間当たり215.5ミリと、観測史上最大を更新しました。

 勢力を維持したまま長生きできた原因は、①強い風が無く南の海上を迷走し続けたこと、②海水温が高かった(奄美諸島付近の海水温が約30℃と、台風が発生する目安より3℃も高かった。)ことだそうです。高い海水温は近年頻発していますので、今後も台風が強い勢力を保つ環境が続くようです。これから台風シーズンの到来です。自然災害から逃れることはできませんが、被害を最小限にする確実な対策を講じておく必要があります。

 台風5号にあやかりたいわけではありませんが、生き急がずにのんびり過ごすことが長寿になる秘訣かもしれませんね。台風一過の猛暑を土産に置いていかれましたが、仕事帰りの南の空には虹が恥ずかしそうにちょこんと顔を出していました。

★DSC00105

★DSC00110

 

 家に着くと、1日遅れとなった市川三郷町の「神明の花火大会」の花火が夏の夜空を彩っていました。

★DSC00114★DSC00125★DSC00131

ページ先頭へ