2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
HOME ブログ 家畜診療所峡北連絡所だより~第92回麻布大学獣医師会へ参加~

家畜診療所峡北連絡所だより~第92回麻布大学獣医師会へ参加~

投稿日:2017年10月10日
カテゴリー: 家畜診療所

 9/23(土)に第92回麻布大学獣医師会に参加しました。麻布大学獣医師会は、関東周辺の小動物、大動物、公衆衛生分野の麻布大学OB獣医師が集まり、毎年行われている学術発表会です。
午前中は16演題の発表が行われ、午後は田向健一先生の『エキゾチック動物の現状と臨床現場から』と、一般公開もされた鴨川シーワールドの勝俣悦子先生の『海獣と共に暮らす』の講演がありました。

 

 今回は、私(守屋)も演題者として、2016年に遭遇した子牛の神経系異常について、「出生後より全身性振戦を呈した子牛の一例」と題した発表を行いました。この件では、母校の麻布大学動物病院の協力のもと、さまざまな検査を行い原因究明に努めてきました。
 このような場での発表は初めてだったので、緊張と不安でいっぱいでした。出番は、16演題中14番目なので、プログラムが進むにつれ胃がキリキリ・・・。正直、自分より前の演題者の内容はほとんど頭に入ってきませんでした。

IMG_0220

 

 

 

 いざ、本番!!どうですか。このなんとも言えない表情!!こんな顔して発表していたのですね(笑)。発表していた時は意外に冷静でいられたような気がします。気だけかもしれませんが・・・。

 

 

 

 

 自己評価をしますと、練習してきたとおりにはできたかな、ということで、60点の及第点をあげちゃいます。自分に甘い!と会場で応援してくれた望月先生に言われそうですが(笑)。とにかく、無事に終えることができました。今回の発表は、母校である麻布大学の様々な先生方やNOSAI山梨の先生方に協力して頂き、発表に向けてご指導もいただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

IMG_0221

 また、今回の発表を終えて、勉強不足、経験不足を改めて痛感する良い機会ともなりました。今後、甘んじることなく、獣医師として励みたいと思います。

ページ先頭へ