2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
備えの種をまこう。
HOME ブログ 収入保険制度の質問にお答えします(5)

収入保険制度の質問にお答えします(5)

投稿日:2018年9月13日
カテゴリー: その他の話題

今週は、甲州市と甲府市で収入保険制度地域別説明会を開催しました。

9/10甲州市(勝沼市民会館)

9/10甲州市(勝沼市民会館)

9/11甲府市(南公民館)

9/11甲府市(南公民館)

これで、予定していた県内12箇所の説明会はすべて終了です。延べ365人にご参加いただきました。皆様ありがとうございました。

さて、引き続き、説明会でのご質問を紹介したいと思います。

<対象被害>
Q 先日の台風21号で果樹の樹体が被害にあった。31年の収入が減る見込だが、収入保険では補償の対象となるか。
A 現在は、収入保険の保険期間外ですが、平成31年産果樹共済総合一般方式に加入していて、損害通知を出している場合、果樹共済から収入保険に引き続き加入すれば補償の対象となります。現在果樹共済に加入していなければ対象にはなりません。
果樹共済には、資産としての樹体を補償する「樹体共済」もありますので、あわせてご検討ください。

<仕組み>
Q 積立方式と保険方式の違いは何か。自己責任部分もあわせて説明してほしい。
A 収入保険では最大で基準収入の9割を補償しますので、残りの1割が自己責任部分となります。その年の販売収入が9割を下回った場合に、収入が8割から9割であれば積立方式から補てんし、8割を下回る場合はさらに保険方式から補てんします。積立金は被害にあわなければ毎年支払う必要がなく、そのまま積み立てておくことができますし、解約時には返金します。

<税制>
Q 保険料、積立金、事務費は経費として控除できるか。
A 保険料と事務費は全額必要経費として控除できます。積立金は、預け金となるので、控除にはなりません。

収入保険についてご不明な点がありましたら、お気軽にNOSAIまでご連絡ください。

本所       055-228-4711
中央支所     0553-22-5056
南アルプス支所  055-282-0443
北部支所     0551-23-1111
富士支所     0554-45-6611

ページ先頭へ