セキュリティポリシー

情報セキュリティ基本方針

今日、インターネットをはじめとする情報通信ネットワークや情報システムの利用は生活、経済、社会のあらゆる面で拡大している。一方で、個人情報の漏えい、不正アクセスや新たな攻撃手法による情報資産の破壊・改ざん、操作ミス等によるシステム障害等が後を絶たない。また、自然災害によるシステム障害や疾病を起因とするシステム運用の機能不全にも備える必要がある。

本組合等は、組合員の個人情報や組合等運営上重要な情報を多数取り扱っている。また、電算化の構築が進み、多くの業務が情報システムやネットワークに依存している。したがって、これらの情報資産を様々な脅威から防御することは、組合員の権利、利益を守るためにも、また、組合等の安定的、継続的な運営のためにも必要不可欠である。

  1. 情報セキュリティ対策に取り組むための体制を確立する。
  2. 情報セキュリティ対策の基準として情報セキュリティ対策基準を策定し、その実行のための手順等を盛り込んだ実施手順を策定する。
  3. 本組合の保有する情報資産を適切に管理する。
  4. 情報セキュリティ対策の重要性を認識させ、当該対策を適切に実施するために、職員等に対して必要な教育を実施する。
  5. 情報セキュリティに関する事故が発生した場合又はその予兆があった場合に速やかに対応するため、緊急時対応計画を定める。
  6. 情報セキュリティ対策の実施状況の監査及び自己点検等を通して、定期的に対策の見直しを実施する。
  7. すべての職員等は、情報セキュリティの重要性について共通の認識を持ち、業務の遂行に当たって情報セキュリティ基本方針、情報セキュリティ対策基準及び情報セキュリティ実施手順を遵守する。
  8. 組合全体の情報セキュリティの基盤を強化するため、組合内における広報啓発や注意喚起、組合員の連携・協力等に積極的に貢献する。

平成28年4月1日
山梨県農業共済組合
情報セキュリティ委員会

ページ先頭へ