2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
備えの種をまこう。
HOME ブログ 歴史ある萬屋醸造店の日本酒はいかが?

歴史ある萬屋醸造店の日本酒はいかが?

投稿日:2020年9月16日
カテゴリー: 南アルプス支所

 先日、農業共済新聞の取材で、富士川町青柳にある「株式会社萬屋醸造店」に行ってきました。

 萬屋醸造店は、日本酒の銘酒である「春鶯囀」が有名で、寛政2年(1790年)に創業以来、今年で230年目を迎える老舗の酒蔵です。

 お店の中では様々な日本酒が販売されていたので、中でも目に留まったものを紹介します。

 

 

 まずは、2020年全国燗酒コンテストのプレミアム燗酒部門において、最高金賞を受賞した「春鶯囀鷹座巣」です。常温~ぬる燗がおすすめで、米の旨みが強く出ているので、西京焼きや豚の角煮など、味の濃い食事に合うそうです。9月4週号の農業共済新聞に、鷹座巣の酒米を栽培している「ワンドリーズ株式会社」の記事が掲載されます。酒米を作る人の熱意が掲載されますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 令和元酒造年度全国新酒鑑評会で、萬屋酒造店が10年ぶりに入賞を果たした春鶯囀大吟醸酒です。こちらは数量限定で、おすすめの温度は花冷え(10℃)です。冷蔵庫で冷やした後に取り出し、5分程度常温で置くと、10℃くらいになるそうです。

 

 

 

 

 9月の取材時には秋限定の純米酒「ひやおろし秋酒」が並んでいました。

 

 
 
 

 

 

 他にも、よっちゃんイカに合う日本酒「春鶯囀 カットよっちゃん専用日本酒」。よっちゃん食品工業株式会社と萬屋醸造店のコラボ商品ということで、「カットよっちゃん」の酸味と日本酒の甘味が絶妙で、どこか懐かしい味わいを楽しめるそうです。

 さらには、春鶯囀本醸造酒「ヨゲンノトリ」。新型コロナウイルスの一日も早い終息を祈念して新たに発売したそうです。

 
 萬屋醸造店は、六代目当主の弟、中込純次が与謝野晶子夫妻と交流が深かったことでも有名だそうです。昭和8年の秋に夫妻が山梨を訪れた際、萬屋醸造店の酒蔵に宿泊し、数多くの和歌を詠んだそう。
その中でも「法隆寺など行く如し 甲斐の御酒 春鶯囀のかもさるゝ蔵」と、お酒の味と香り・佇まいを詠んだ和歌に感銘を受けた当主が、それまで「一力(いちりき)正宗(まさむね)」で販売していた酒銘を「春鶯囀(しゅんのうてん)」と改め今日に至っているそうです。

 10月には与謝野晶子夫妻についての展覧会が「道の駅富士川」で開催されるそうなので、ぜひ足を運んでみてください。(開催日時はページ最下部に記載)

 まだまだ日中は暑い日が続いています。暑い日にはビールもいいですが、これからだんだんと涼しくなり、秋になります。夜も長くなりますので、休日の夜に美味しい日本酒に合う料理を見つけて、ゆっくりしっぽり楽しむのもいいかと思います。

株式会社萬屋醸造店
〒400-0501
山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1202-1
TEL 0556-22-2103
FAX 0556-22-4245
https://www.shunnoten.co.jp/
 

【与謝野晶子展~与謝野御夫婦 甲州秋の旅路~】
開催日:2020年10月3日(土)~10月18日(日)
開催場所:道の駅 富士川 展望台2階
山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1655-3 TEL:0556-48-8700
開催時間:am 9:00~pm 4:00

ページ先頭へ