2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
備えの種をまこう。
HOME ブログ 収入保険個別相談会レポート4

収入保険個別相談会レポート4

投稿日:2020年11月4日
カテゴリー: 収入保険制度

 県内各地で開催している収入保険制度「個別相談会」の様子をレポートします。
 10月30日は笛吹市八代町の働く婦人の家、南アルプス市の桃源文化会館で開催しました。


↑働く婦人の家

 この日は、「果樹共済と収入保険、どちらがいいのですか?」というご質問をいただきました。
 まず、白色申告の方は収入保険には加入できませんので、果樹共済に加入してください。
 果樹共済は品目ごとの補償で、山梨県で実施しているのは「ぶどう」「もも」「すもも」「りんご(つがる・王林・ふじ)」「かき(富有・松本早生・その他甘がき)」です。基本的に生食用が対象です。
 青色申告で、果樹共済を実施していない品目(「さくらんぼ」など)を栽培している方や、生食用でない品種(醸造用品種など)を栽培されている方は、その部分は果樹共済に加入できませんので、品目の限定がない収入保険がおすすめです。
 他に選ぶ基準としては、「どんなリスクが心配なのか」「どのくらいの補償があったら安心か」などを聞き取りし、経営内容に合わせてお選びいただけるよう、NOSAIで個別にご提案しています。お気軽にご相談ください。

 野菜農家さんからは「営農計画を変更した場合に、基準収入はどうなるのか?」という質問がありました。
 保険期間中に、農産物の種類や作付面積など営農計画の記載事項を変更する場合は、原則として、作付後1ヶ月以内に、営農計画の変更申請をしていただき、基準収入や保険料・積立金を再算定することになっています。営農計画の変更はいつでもできますので、現状にあった補償になるよう、お手続きをお願いします。

 また、野菜では「野菜価格安定制度」という国の制度が別途あります。野菜の価格が下がった場合の補償で、本来は収入保険との重複加入はできません。しかし、今回の加入申請から、初めて収入保険に加入する場合は「野菜価格安定制度」と「収入保険」の両方に1年間だけ加入できるようになりました。(野菜価格安定対策事業の利用者が収入保険に加入する際のJAさんの手続等が煩雑という事情等を考慮した措置だそうです)ぜひこの機会に収入保険もご検討ください。

個別相談会は11月もまだ続きます。お越しの際は、新型コロナウイルス対策として密にならないよう、事前にお電話をお願いします。(NOSAI山梨ホームページからも申し込みできます)
新型コロナ対策として、Zoomを使用したリモート相談会も行っています。遠方で来るのが難しいかたも、ぜひご利用ください。

詳しくはコチラ↓

令和2年度 収入保険個別相談会を開催します!

本所や支所でも随時相談を受け付けていますので、ぜひお問合せください。
11月 5日(木) 甲府市中道公民館
11月10日(火) 勝沼防災センター
11月12日(木) 笛吹市いちのみや桃の里ふれあい文化館
11月13日(金) 笛吹市働く婦人の家

ページ先頭へ