2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
備えの種をまこう。
HOME ブログ 「甲斐のぎゅぎゅっとねぎ」を取材しました。

「甲斐のぎゅぎゅっとねぎ」を取材しました。

投稿日:2021年1月21日
カテゴリー: 農業共済新聞

 

 農業共済新聞の取材で、甲斐市双葉地区の原田さんのネギ畑にお邪魔しました。

 ネギの収穫から皮むきまでを実演してもらいましたので、ご紹介。

収穫機を畝に合わせてGO!

収穫機は新品だと400万円ほどするそうです。

 

 

 

収穫機の先頭はこんな感じ。ネギを傷つけないように堀起こしながら上に運ばれます。

 

 

 

 

収穫機の上では、上がってきたネギを網でまとめます。

 

 

 

 

収穫完了!

 

 

 

 

続いて、この機械で規定の長さに切り揃えます。根と上の部分を切り落としていきます。

 

 

 

両サイドの歯が回転して、流れてきたネギを切る仕組み。

 

 

 

 

 

次に、皮むきです。

空気圧でシュバッ!と一気に外側の皮をむきます。

 

 

 

 

むけました!

白が美しい!!

 

 

 原田さんは横浜出身ですが、高校・専門学校の期間を山梨で過ごし、山梨に移住することを決めて6年前に就農しました。

 現在はJA梨北のねぎ部会長として、白ネギの産地化・ブランド化に取り組んでいます。「甲斐のぎゅぎゅっとねぎ」も原田さんがネーミングしました。「白ネギを産地化して地域農業を活性化させたい」と話し、部会員はまだまだ募集しているということですので、興味のある方は仲間になりませんか?県内の農家さんなら、部会に所属すればOKだそう。

 甲斐のぎゅぎゅっとねぎは、JA梨北の直売所「よってけし」各店と、「双葉農の駅」で販売しています。売れ行きは好調で、この日私がお昼ごろ行ったら、ラストワンでした!レジの方もよく売れてるようだとおっしゃっていましたよ。

 

帰り道の「よってけし響が丘店」

 

 

 

 

他にもネギはありますが、甲斐のぎゅぎゅっとねぎは完売!

 

 

 

 

甲斐のぎゅぎゅっとねぎ

 

 

 

原田さんの就農と甲斐のぎゅぎゅっとねぎのストーリーは1月4週号の農業共済新聞に掲載予定です。お楽しみに!

ページ先頭へ