備えの種をまこう。

果樹共済


対象作物(ぶどう、もも、すもも、りんご、かき)が災害等で収穫できない場合や樹体の枯死・損傷等による損害を補填します。

●収穫共済

収穫量に対する補償です。(収入保険との重複加入はできません。)

対象となる樹種

ぶどう、もも、すもも、りんご、かき

加入対象

樹種ごとに5a以上栽培している農家
※加入は類ごとに5aからです。

加入のポイント
  1. 樹種ごとにすべての園地の加入が必要です。加入漏れ園地が確認されたとき、共済金が支払われない場合があります。
  2. 加入面積が大きく掛金負担が難しい場合、支払開始割合や補償割合を選択する方法があります。
支払開始割合 選択できる補償割合
30% 40~70%
40% 40~60%
50% 40~50%
加入方式
対象となる災害別方式 対象となる災害と共済責任期間(補償期間) 支払対象
半相殺
減収総合方式
一般方式
  • すべての自然災害、鳥獣害、病虫害などによる果実の減収。
  • 共済責任期間は、花芽の形成期からその花芽に係る果実の収穫までの約1年半。
農家ごとに選択した支払開始割合を超える損害から
短縮方式
  • 対象となる災害は一般方式と同じ。
  • 共済責任期間は、発芽期から果実の収穫まで。

※冬期の災害は補償の対象となりません。

●樹体共済

樹体の損害を補償します。(収入保険とあわせて加入できます。)

対象となる樹種

ぶどう、もも

加入対象

樹種ごとに5a以上栽培している農家

責任期間
  • ぶどう:6月1日から1年間
  • もも:7月1日から1年間

共済掛金

事故発生リスクに応じた掛金負担の公平性を確保するため、全ての事業で農家ごとの危険段階別共済掛金を導入します。掛金率は、それぞれの農家の過去の被害実態をもとに設定します。危険段階別共済掛金率表は次のとおりです。

収穫共済ぶどう
収穫共済もも
収穫共済すもも
収穫共済りんご
収穫共済かき
樹体共済ぶどう

概況

プレスリリース

事業実績

自然災害

平成の主な気象災害

パンフレット

山梨県果樹試験場ホームページ

山梨県果樹試験場

ページ先頭へ